· 

高校2年生の勉強法 ”2月から始める英語編”

高校2年生はいつから勉強を始めるか、が結構難しいです。

特に部活をしている生徒はそうでしょう。

私が一貫して言っていることは、高校2年生の10月から勉強、ということです。

2月から勉強は若干遅いということはありますが、余裕で間に合うのも事実です。

 

本日は英語の勉強法を紹介します。

これまで200人以上の理系の生徒を合格にまでプロデュースしてきた私がどういう風にしてきたのか、をお伝えします。

 

単語です。意外かもしれませんが、絶対に単語を高校3年生の5月までに1000個を覚えることです。

そして英文解釈と文法問題集を並行してします。これだけでOKですが、結構しんどいかもしれません。この際には添付しているような文法の勉強も含めてすることが大切です。

PDFを見たらおそらく勉強しないといけないことが意外と多いことに気付くはずです。

英語はただ訳せたらOK、というわけではなくて、なぜそういう訳になるのか、を考えることが重要です。

英語を英語学として研究しながら勉強することが、偏差値UPへの近道です。

 

これまでの私の経験では、私のオリジナルプリントを用いて指導したところ、当初は英語が38の偏差値の生徒が7カ月で偏差値71まで上がりました。過去最高に上がりましたが、その他の生徒も大体半年語には65以上にはなっている生徒が大半です。

 

家庭教師の依頼は受け付けています。

依頼を希望される方はご連絡をいただけると幸いです。多忙のため1名のみ募集しています。

pass_coffee_itudemo@yahoo.co.jp

までよろしくお願いします。

 

ダウンロード
Should特集
shouldの使い方を説明したプリントです。
should特集.pdf
PDFファイル 104.8 KB