数学

大学受験の数学は大きく分けて三種類あります。

 

:数と式,集合と論理,二次関数,図形と計量,データの分析

A:場合の数と確率,整数の性質,図形の性質

数Ⅱ:方程式・式と証明,図形と方程式,三角関数,指数関数・対数関数,微分と積分

B:数列,ベクトル,(確率分布と統計的な推測)

数Ⅲ:平面上の曲線,複素数平面,関数と極限,微分,微分の応用,積分とその応用

 

というところでしょう。

まずは受験勉強という点で真っ先にしないといけない単元があります。逆に言うと後々でも大丈夫な単元もあります。

 

必須単元:

数と式・二次関数・図形と計量、数ⅡBは全部、関数と極限・微積

です。これらを早めに潰すことが合格へと繋がります。

 

場合の数と確率は国立で出ても難しいので後回し。

ある程度は努力で出来ますが、少しひねられると難しくなる代表例です。

 

データはセンター前で十分です。

 

複素数平面や平面上の曲線は現役生はあまりする時間はないでしょう。

とは言え大切な単元に変わりはないですが、まずは微積を徹底的にしてください。そのつぎにしてください。

 

 

数学の勉強法をまとめました。ぜひとも参考にしてください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ららら (木曜日, 16 3月 2017 08:31)

    質問です!予備校等に行かなくて、宅浪するものです。
    数学が得意でないのに、一橋大学を目指す馬鹿でもあります。しかし行きたいので、やれる限りやるつもりではいます。
    黄チャートからはじめ、大学への数学一体一の対応をやり、後に文系プラチカにつないで、過去問等でこれらを9月ごろに終わらせる。で一橋大学の数学に対応出来るでしょうか??回答お願いします!